大事なイベントや旅行で
生理日を移動したいとき

生理日移動とは中用量ピルなどのお薬を使って生理の日にちを希望する期間ずらすことをいいます。
プールや大事な試験をはじめ、結婚式や旅行・ライブなどの大切なイベントが生理とかぶてしまう可能性があるときに前後に生理日を調整することができます。
「早める」か「遅らせる」という2つの方法があり「イベントまでの日数」「ずらしたい期間」がポイントになります。

こんな方におすすめ

  • 直近に大切なイベントがある方
  • 旅行や試験があり生理が来てほしくない方
  • 念のためお薬を持っておきたい方

生理日のずらし方

プラノバールは「中用量ピル」という種類のお薬で名前の通り低用量ピルよりも黄体ホルモン・卵胞ホルモンが多いことが特徴です。
内服している期間は生理がこなくなり、内服を止めると通常数日程度で生理がくるようになります。

生理日を早める方法

・前回の生理日初日を1日目とした場合「3~5日目」より内服をスタートします
・お薬を10~14日間連続内服をします(1日1錠)
・内服終了後、2~3日で生理がきます

生理日を遅らせる方法

・次のイベントと重なる生理開始日の5日前から内服をスタートします
・内服を生理が来ても良い日まで連続内服をします(1日1錠)
・服用終了後、数日で生理がきます。

プラノバール(中用量ピル)を使った生理日移動のイメージ図・図解

中用量ピル

当院では生理日移動には「中用量ピルのプラノバール」のみを処方しています。
すでに低用量ピルを内服している場合、次のシートと組み合わせたりすることで生理日の移動が可能な場合はありますが「生理日を確実に早めたい方」や「生理日を遅らせたい場合で次回の生理予定日まで十分な期間がない方」が多いことから中用量ピルのみの処方となっています。

プラノバール

プラノバール

生理不順や月経困難症の治療、不妊治療、月経を後ろへ移動するときなどに用いられます。
含まれる卵胞ホルモンや黄体ホルモンの量が低用量ピルより多くいため、中用量ピルと呼ばれており、正しく服用すればほぼ確実にイベント期間の生理を避けることができます。

料金一覧

料金には初診料・薬代・消費税
すべて含まれています


薬剤名価格(税込)
プラノバール配合錠21錠4,980円

  • 公的医療保険が適用されない自由診療です
  • オンライン診療もご利用いただけます
  • オンライン診療の定期配送プランの場合は送料無料です(都度購入の場合は+送料税込550円)

オンライン診療はこちら

LINEとカード・あと払いで診察できます

来院のご予約はこちら

カウンセリングは何度でも無料です

ピル処方

  1. 低用量ピル

    マーチクリニックでは各種低用量ピルの処方を行っています。 当院では国内で医薬品として承認…

  2. 生理日移動ピル

    生理日移動とは中用量ピルなどのお薬を使って生理の日にちを希望する期間ずらすこと

  3. アフターピル

    アフターピルとは避妊に失敗した可能性がある、または避妊なしでの性交後72時間以内に緊急的に…