2024年もっとも読まれている記事はこちら

クラリスロマイシンとピルの飲み合わせは大丈夫?

クラリスロマイシン(マクロライド)とピルの飲み合わせについて

クラリスロマイシンとは?

クラリスロマイシンは抗生物質の一種です。
たくさんある抗生物質の中でマクロライド系に分類され、一般的な抗生物質が効かないマイコプラズマやクラミジアに効果があり、子供では主にマイコプラズマ肺炎によく使われます。
また尿の中に排出されやすいという特徴をいかして、女性の尿道炎や子宮頸管炎に対しても処方されます。

そのためピルを飲まれている女性の方がよく飲み合わせについて質問されることがあり、今回はクラリスロマイシンとピルの飲み合わせについて解説していきます。

飲み合わせは問題なし

まず結論、クラリスロマイシンにはピルの効果を強めたり、弱くしてしまうという記載はなく併用は問題ありません
クラリスロマイシン以外にも同じマクロライド系の「クラリス」や「ジスロマック」も問題なく、ニューキノロン系のクラビット、オゼックスの構成物質もピルへの影響はほとんどないと言えます。

反対にピルと飲み合わせで注意が必要なお薬は?

抗生物質の中にもさまざまな種類があり、ミノマイシンなどのテトラサイクリン系や「サワシリン」「オーグメンチン」「ユナシン」などのペニシリン系抗生物質は腸内の環境に影響を与えてしまうことでピルの再吸収を抑えてしまい、結果ピルの結果、ピルの効果を下げてしまったりする可能性があります。

もっと詳しく知りたい方は?

ピルの効果を強めたり弱めてしまう可能性のある薬剤をリストアップしています。
検索ボックスから調べることでピルとの飲み合わせがチェックできます。

フルコナゾール一般名薬剤名影響する効果
C型肝炎薬リトナビルヴィキラックス配合錠禁忌
C型肝炎薬オムビタスビル水和物ヴィキラックス配合錠禁忌
C型肝炎薬パリタプレビル水和物ヴィキラックス配合錠禁忌
GnRH誘導体製剤ブセレリン酢酸塩 スプレキュア 薬そのものの効果を減弱させる薬剤
サプリメント セイヨウオトギリソウ セントジョーンズワート ピルの効果を減弱させる薬剤
ステロイドプレドニゾロンプレドニゾロン薬そのものの効果を増強させる薬
ステロイドプレドニゾロンプレドニン薬そのものの効果を増強させる薬
パーキンソン病治療薬セレギリン塩酸塩エフピー薬そのものの効果を増強させる薬
三環系抗うつ剤イミプラミン塩酸塩トルラニール薬そのものの効果を増強させる薬
三環系抗うつ剤イミプラミン塩酸塩イミドール薬そのものの効果を増強させる薬
三環系抗うつ剤イミプラミン塩酸塩トフラニール薬そのものの効果を増強させる薬
三環系抗うつ剤クロミプラミン塩酸塩アナフラニール薬そのものの効果を増強させる薬
三環系抗うつ剤トリミプラミンマレイン酸塩スルモンチール薬そのものの効果を増強させる薬
三環系抗うつ剤ロフェプラミン塩酸塩アンプリット薬そのものの効果を増強させる薬
三環系抗うつ剤アミトリプチリン塩酸塩アミトリプリプチ薬そのものの効果を増強させる薬
三環系抗うつ剤アミトリプチリン塩酸塩トリプタノール薬そのものの効果を増強させる薬
三環系抗うつ剤ノルトリプチリン塩酸塩ノリトレン薬そのものの効果を増強させる薬
三環系抗うつ剤ドスレピン塩酸塩プロチアデン薬そのものの効果を増強させる薬
三環系抗うつ剤アモキサピンアモキサン薬そのものの効果を増強させる薬
三環系抗うつ剤セチプチリンマレイン酸塩テシプール薬そのものの効果を増強させる薬
三環系抗うつ剤セチプチリンマレイン酸塩セチプチリンマレイン酸薬そのものの効果を増強させる薬
免疫抑制剤シクロスポリンサンディミュン薬そのものの効果を増強させる薬
免疫抑制剤シクロスポリンネオーラル薬そのものの効果を増強させる薬
喘息薬テオフィリンテオドール薬そのものの効果を増強させる薬
抗HIV薬リトナビルノービアピルの効果を減弱させる薬剤
抗HIV薬サキナビルメシル酸塩インビラーゼピルの効果を減弱させる薬剤
抗HIV薬ネビラピンビラミューンピルの効果を減弱させる薬剤
抗HIV薬エファビレンツストックリンピルの効果を減弱させる薬剤
抗HIV薬リファブチンミコブティンピルの効果を減弱させる薬剤
抗HIV薬ネビラピンビラミューンピルの効果を減弱させる薬剤
抗HIV薬エファビレンツストックリンピルの効果を減弱させる薬剤
抗てんかん薬フェニトイン
アレビアチンピルの効果を減弱させる薬剤
抗てんかん薬フェニトイン
ヒダントールピルの効果を減弱させる薬剤
抗てんかん薬カルバマゼピンテグレトールピルの効果を減弱させる薬剤
抗てんかん薬スルチアムオスポロット薬そのものの効果を減弱させる薬剤
抗てんかん薬ラモトリギンラクタミール薬そのものの効果を減弱させる薬剤
抗てんかん薬フェニトインアレビアチンピルの効果を減弱させる薬剤
抗てんかん薬フェニトインヒダントールピルの効果を減弱させる薬剤
抗てんかん薬プリミドンプリミドンピルの効果を減弱させる薬剤
抗不安薬フェノバルビタールフェノバールピルの効果を減弱させる薬剤
抗生物質アモキシシリン水和物サワシリンピルの効果を減弱させる薬剤
抗生物質アンピシリンナトリウムビクシリンピルの効果を減弱させる薬剤
抗生物質アンピシリン水和物アンピシリン ピルの効果を減弱させる薬剤
抗生物質アンピシリンナトリウムアミペニックスピルの効果を減弱させる薬剤
抗生物質ドキシサイクリン塩酸塩水和物ビブラマイシンピルの効果を減弱させる薬剤
抗生物質ミノサイクリン塩酸塩ミノマイシンピルの効果を減弱させる薬剤
抗生物質アモキシシリンアスポキシ塩酸アモキシシリンピルの効果を減弱させる薬剤
抗生物質塩酸バカンピシリンシクラシリンワイドシリンピルの効果を減弱させる薬剤
抗結核薬リファンピシンリファジンピルの効果を減弱させる薬剤
抗結核薬リファンピシンリマクタンピルの効果を減弱させる薬剤
水虫薬フルコナゾールジフルカンピルの効果を増強させる薬
水虫薬ボリコナゾールブイフェンドピルの効果を増強させる薬
水虫薬グリセオフルビンポンシルFPピルの効果を増強させる薬
水虫薬グリセオフルビングリセチンVピルの効果を増強させる薬
水虫薬グリセオフルビングリセオフルビンSGピルの効果を増強させる薬
水虫薬グリセオフルビングリセオフルビンSGピルの効果を増強させる薬
水虫薬グリセオフルビングリセチンVピルの効果を増強させる薬
精神刺激薬 モダフィニルモディオダールピルの効果を減弱させる薬剤
糖尿病薬インスリンノボラビット薬そのものの効果を減弱させる薬剤
糖尿病薬グリメピリドアマリール薬そのものの効果を減弱させる薬剤
糖尿病薬メトホルミン塩酸塩グリコラン薬そのものの効果を減弱させる薬剤
胃腸薬オメプラゾールオメプラール
薬そのものの効果を増強させる薬
胃腸薬オメプラゾールオメプラゾン薬そのものの効果を増強させる薬
解熱鎮痛薬 アセトアミノフェンカロナールピルの効果を増強させる薬
解熱鎮痛薬ロキソプロフェンナトリウム水和物ロキソニン併用OK
解熱鎮痛薬イブプロフェン
イブプロフェン併用OK
解熱鎮痛薬ジクロフェナクナトリウムボルタレン併用OK
鎮痛薬モルヒネ硫酸塩水和物MSコンチン薬そのものの効果を減弱させる薬剤
降圧薬硫酸グアネチジンイスメリン薬そのものの効果を減弱させる薬剤

すべての薬剤・相互作用を掲載しているものではありません